1. CCPM+(日本語版)ホーム
  2. TOCコミュニケーション広場
  3. 整理No.025 必読!「工場管理」 9月号にTOC特別記事(竹之内隆氏)

TOCコミュニケーション広場

皆様からの情報やご意見などを、お待ちしております。ご意見は ccpmplus@msi-jp.com までお願いします

当「広場」に適切でない内容につきましては、toc-japan事務局の判断にて掲載を削除させていただく場合がありますので予めご了承ください。なお、お寄せいただくご意見を掲載する場合、ご希望により匿名とさせていただきます。また、当広場の質問に対する応答には整理No.を付記してください。

[整理No.025]
必読!「工場管理」9月号にTOC特別記事(竹之内隆氏)

『中小製造業だからこそ実践できるTOCによる最適生産のしくみづくり』

TOC分野でも著名な竹之内隆氏が、日刊工業新聞が発行する雑誌「工場管理」9月号に特別記事を寄稿しています。

『中小製造業だからこそ実践できるTOCによる最適生産のしくみづくり』と題してTOCの同期生産ドラムバッファーロープを実践して経営改革を成功させた米国ブラウンフィンチューブ社に関する事例ご紹介しています。

当記事を執筆された竹之内隆氏は、MSIが「売り出し中」のTOCソリューション"ManuSync"を推奨していただいております。

これからTOCを取り組もうとする企業のみなさまに、ご一読をおすすめいたします。

詳細は、日刊工業新聞の下記ウエブ・サイトで「工場管理―9月号」をご購入ください。
http://www.nikkan.co.jp/pub/index.html

特別記事

中小製造業だからこそ実践できるTOCによる最適生産の仕組みづくり
~米国ブラウンフィンチューブ社の成功事例に学ぶ
電通国際情報サービス 竹之内隆

TOC(Theory of Constraints:制約理論)は「ザ・ゴール」が翻訳出版されて、周知の存在となりました。しかしTOCの本場である米国では、すでに無数の導入成功事例が存在しています。その一方で、わが国企業における実践適用は端緒についたばかりで、まさに小説の世界から現実の世界に降り立つ過程にあります。そうした中で筆者の竹之内氏は先頃、米国ヒューストンにある中堅企業のブラウンフィンチューブ社に赴き、経営トップ自らがTOCプロフェッショナルの認証を受け、現場の人づくりにTOCを活用して全社改革を軌道に乗せたことを確認してきました。本稿はその成功の秘訣について探ったもので、日本の中小製造業にこそ適した手法であり、TOCにチャレンジして成果の刈り取りをめざすことを訴えています。

このページの先頭へ